家族信託物語~Episode2「親父とオレ編」

家族信託の事例

2030年(Side-B~オレ)

親父が認知症になった。
あんなにしっかりした親父だったのに
オレのことも分からなくなってしまった。

でも、不安はない。
親父とは家族信託をしているから。

親父が突然「家族信託したい」と言ってきた時は驚いたな。
親父なりに色々家族のことを考えてくれたんだと思う。

あの時、今後のことをたくさん話し合っておいて良かった。
オレのことを信頼してくれてることもわかった。

これからのことは任しとけ。
心配するなって、親父の息子だからさ。

2020年(Side-A~親父)

「団塊の世代」の私も、気づけば定年退職。
老後のために蓄えた貯金と年金で、
贅沢しなければ死ぬまで大丈夫だろう。何もなければ。

介護が必要になった時は怖い。お金が飛ぶように出ていくかも知れない。

5人に1人が認知症の時代が来るらしい。
自分だって他人事ではなさそうだ。
今はお金の管理ができるが、そのうち怪しくなるかも知れない。

運よく介護にならなくて寿命が来たとする。
平均寿命は男性より女性の方が高い。
順番通りに行けば、私の方が妻より先に死ぬ。
後に残る妻のことは心配だ。
私が死んだ後、妻は一人で生活をしていけるだろうか。

そんな時、家族信託という制度を知った。
家族に財産の管理を任せられるそうだ。
家族信託をしておけば私が認知症になっても、
先に死ぬことになっても安心だとか。
元気なうちしかできないらしい。今のうちに息子に頼んでみるか。

家族信託相談会を開催します

■日時

日時:10月8日(木)①10:00~ ②11:00~ ③13:00~ ④14:00~ ⑤15:00~ ⑥16:00~
お一人様1時間

お申込みは、QRコード・URL・フリーダイヤルまで↓↓↓


0120-256-680

家族信託相談会申し込みフォーム
【家族信託相談会】のお申込み有難うございます。 ご相談をご希望の方は下記フォームからお申込みください。
タイトルとURLをコピーしました