よくある質問

よくある質問 よくある質問

お客様からいただくよくある質問を集めました。ご参考にぜひご覧ください。

よくある質問

信託できる財産は?

財産的なものすべてです。具体的には、お金、不動産、株式、投資信託などの有価証券、著作権などの特許があげられます。 法律上、財産的なものであれば信託することが可能です。ただし法律上可能でも、手続き上難しい場合もある。金融機関が信託に...
よくある質問

受託者に万が一のことがあったら信託契約はどうなるの?

信託契約は終了せず、新しい受託者が引き継ぐことになります。 受託者が信託契約中に亡くなってしまった場合、信託財産が受託者の相続人に承継されることはない。通常、信託契約の中で後任の受託者を定めておくため、受託者に万が一のことがあって...
よくある質問

信託契約書は公正証書で作成しなければならない?

信託契約書は公正証書で作成しなくても有効です。ただ、確実性を高めたい場合は、公正証書で作成する方がよいです。 信託契約書の様式に決まりはなく、委託者(財産を預ける人)と受託者(財産を預かり管理する人)が署名押印すれば成立する。ただ...
よくある質問

遺言と信託はどちらが優先するの?

例えば、同じ不動産に対して遺言では「Aに相続させる」としている一方、信託契約で「Bに管理させる」としてBに名義を移している場合、信託が優先します。 遺言は自分の財産を誰に渡すか決めるもの。信託を設定すると、形式的に名義が移るため自...
よくある質問

信託契約にかかる期間は?

信託にかかる期間とは?信託の内容によって前後しますが、約3か月程度かかって終了するものが多いです。
よくある質問

遺言書との違いは?

遺言書と信託の違いとは?信託では財産の行き先を連続して指定したり、本人が生きているうちに効力が発生させたりすることができます。
よくある質問

信託とは…​

信託とは所有する財産の管理処分権と利益を分け、管理処分権だけを受託者に移し、発生する利益は委託者や受益者が得る制度のこと。
よくある質問

「商事信託」と「民事信託(家族信託)」ってどこが違うの?

商事信託と家族信託の違いとは?商事信託と民事信託との違いは、主に営利性の有無と反復継続性が挙げられます。
よくある質問

信託するとどうなるの?

信託するとどうなる?信託を活用すれば、所有権を管理する権限とお金をもらえる権利を分けることができます。
よくある質問

信託の当事者は誰なのでしょうか?

信託の当事者は?信託の当事者である「委託者」「受託者」「受益者」について簡潔に解説。
タイトルとURLをコピーしました